周囲の反対による保育園の開園断念

とある地域で、子供の声がうるさいと言うクレームにより保育園の開園を中断したと言うニュースを見ました。

保育園の開園を断念した事は、初めてと言う事です。

私は、ニュースを見た時に思いました。

室内型の防音設備を完備した保育園の建設をしていれば、近隣の反対はなかったのではないかと思います。

私が住んでいる近くにも保育園が存在します。

その保育園は、元々は外に遊具を備えていた言わば何処にでもある様な保育園でした。

ですが、最近になって改築し室内型の保育園として生まれ変わり、前は子供達の声の声や音楽が聞こえていたのですが現在では音が周囲に漏れていると言う事はありません。

つまり、開園を断念した保育園がどう言った形の物なのかは詳しくは知りませんが、室内型の防音加工した保育園を運営していれば周囲からの反対はなかったのではないかと私は思います。

また、反対した人達もまだ開園してもいない内に煩いとクレームを言い出すのも可笑しな話です。

開園した後で子供の声が煩いと言うならば、クレームを言うのも納得はいきます。

けれど、始まってもいない内に騒がしくなると談じるのはいかがなものかと私は考えます。

全国には、まだまだ待機児童がいて保育園の数が全国的に足りない状態です。

ですので、先ずは開園をして暫く様子を見て、その後にクレームがあれば言うべきだと私は思います。

そうすれば、必ずしも騒音に悩まされると言う事もありませんし市の方で運営している以上、クレームが出れば何かしらの対策はとるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です