アイドル、冨田真由さん刺傷事件について

冨田真由さん刺傷事件は非常にショックでした。
なぜなら私もアイドルが好きだからです。
私は女ですが、AKB48の握手会に通っていたこともあります。

今回の冨田さんの事件や以前のAKB48握手会での事件等、
アイドルとファンの関係性が壊れてきていることに胸を痛めています。

AKBの出現以降、「会いに行けるアイドル」が当たり前になりつつあり、
アイドルは一番身近な芸能人という位置づけになっていると思います。
好きなアイドルと触れ合える機会が多いというのはファンにとっては嬉しいことです。
しかし会える機会が増えれば増える程、ファン側の気持ちとアイドル側の気持ちの相違が
生まれやすくなると感じています。

イベント等で多くの交流を持つうちに生まれる「慣れあい」。
ツイッターで「なぜ自分に返信をしてくれないのか」ということを書いた
岩埼友宏容疑者にも慣れ合いが生じていたと思います。
ファンのことを無碍にできないアイドルの気持ちを都合よく解釈し、
理想通りの展開にならなければ憎しみを抱く。

アイドルは「自分を受け入れてくれる女の子」という勝手な思い込みを防ぎ、
アイドルとファンという立場を崩さないための対策が必要だと感じています。